下調べをしてから中古マンション投資に踏み切ろう

長期保有が基本となります

集合住宅

マンション経営を行う際には、大きな利益を狙わずに、長くコツコツと家賃収入を得ていくことを基本スタンスとしましょう。そして、不動産価格が異常に上昇したら、躊躇わずに売却する、という意識を持っていればよいです。しばしば、給与との損益通算による所得税の節税を狙ってマンション経営を始める人がいますが、節税効果が期待できるのは売買による諸経費が大きく発生する初年度のみです。マンション経営で、所得税の大きな節税効果をずっと得ていくことは考えるべきではありません。なぜならば、マンション経営で、毎年、給与所得との損益通算による節税ができているということは、不動産所得が赤字になっているからです。不動産所得が赤字になっているということは経費が掛かりすぎているか、不動産収入が少ないということを意味しています。税金を支払わなければならない状況ということは、マンション経営がうまくいっていると理解しておきましょう。マンション経営では、ローン返済をしていようが、管理費や修繕積立金を支払っていようが、不動産所得を黒字にすることを念頭に置くべきなのです。節税をしたいのであれば、不動産所得を赤字にすることを考えるのではなく、確定拠出年金やふるさと納税などを利用することを考えましょう。マンション経営で得られたお金を確定拠出年金やふるさと納税に充てることで、老後資金の準備をしたり、日常生活の中で必要なものをもらったりしながら節税ができることになります。