下調べをしてから中古マンション投資に踏み切ろう

経営を任せてみよう

女性

一括借り上げをすることで、マンションやアパートの経営をする人にとって面倒な家賃の回収を代行してもらうことができます。他にも入居希望者の募集や入居手続きをお願いすることもできます。さらに住人のクレーム対応やマンションの修繕、点検などの様々な仕事を代わりにしてくれるのが魅力的です。

More Detail

長期保有が基本となります

集合住宅

マンション経営をするのであれば、不動産所得を黒字にし続けることを考えていきましょう。そして、マンション経営で得られたお金で確定拠出年金やふるさと納税をすれば、所得税の節税をしながら老後資金の準備や日用品の調達をすることができます。

More Detail

長期か短期で投資

木の集合住宅

家賃目的か節税目的か

中古マンション投資の基本的なやり方として目的に応じて期間を見据えて行うことが重要です。目的として家賃による収入を得ることを考えている一般的な不動産投資の方法を選ぶのであれば、長期的な投資を計画する必要が生じます。この場合の中古マンション投資ではローンを利用して必要な資金を手に入れ、無理のない返済計画を立てて収入を得ていくのが基本です。ローンも長期にすることが多く、家賃収入を修繕費積立金とローンの返済に概ね使用してしまうことも少なくありません。最終的にはマンションが手に入るので、十分に家賃を獲得することができるでしょう。一方、中古マンション投資の目的として節税を目指す場合には状況が異なります。この場合には短期投資とすることが重要になるからです。減価償却費を速やかに使い切って次の物件に移るという考え方と、借入額を大きくしてでも減価償却費を大きくするという考え方が必要になります。減価償却が終わった時点で中古マンションは売却するのが一般的な方法であり、この期間を短くしておくことによって修繕費をかけることもなく、まだ価値のあるうちに次の所有者を見つけやすくすることができるのです。大まかにはこのような二つの考え方で行われるのが中古マンション投資の特徴であり、どちらの方針を取るかを考えてから始めるのが良いでしょう。それに応じて選ぶべき中古マンションの種類にも違いがあるので早期に方針を定めておく必要があります。

賃貸管理を依頼する方法

家と紙幣

既存物件のサブリース契約は、それほど難しいものではありません。依頼する会社を選び、スタッフが現地調査することで内容をまとめた提案書を提出してもらえます。それを元に問題点の修正や質問などを行い、擦り合わせが済めば契約書を作成して締結となります。

More Detail